【そんなギリギリで、間に合うの?】東京オリンピック 国内観客の入場制限は6月へ先送り

こんにちは、かずしいです。

先日の日米首脳会談で、菅首相がバイデン大統領から

「開催しようとしてる努力は、応援するよ、ヨシ😉」(意訳)

とお墨付きを頂いたらしい、東京オリンピック。

外国人観客は入れないことに決定しているので、

東京オリンピックのほぼ唯一の開催意義だったインバウンドは、完全消失した。

しかし、観客については、日本人観客の入場をどうすんだ? という問題が未解決のまま。

4月中に決める、と橋本会長は言っていた。

だが、昨日4月20日、入場制限の判断を6月に先送りする検討に入った

と、関係者への取材で明らかになったそうな。

・・・・・東京オリンピックの開会式って、7月23日だったよね。

純粋な疑問なんだが、

それで、準備、間に合うのか??

町内会の運動会じゃなくて、選手団だけでも1万人以上のイベントだよ?

そんなギリギリまで国内観客をどうするか未定で、観客や関係者の安全を確保できるの?

4月中に判断するのでも、遅すぎるくらいなのに。

今、大阪は変異株が猛威を振るい、医療崩壊。

20日に、緊急事態宣言の要請を政府にしている。

大阪だけでなく、全国的に感染者、重症者が増加している。

ワクチンだって、このペースでは、医療関係者でさえ、7月までに2回目が打ち終わるとは思えない。

そんな状態で、まだ、菅首相や小池知事、橋本会長、丸川五輪担当相といったお歴々が、

安全、安心な、コロナに打ち勝った証のオリンピック

なんてものを妄想しているのかと思うと、恐怖を感じる。

IOCのジョン・コーツ副会長だって、東京オリンピックが原因で新型コロナの感染が広がったら、

日本政府と東京都の責任だと、明言している。

国内の感染すら押さえ込めない状態で、

万単位の外国人を入国させ、2ヶ月

に及ぶ運動会を開けば、

どういう結果をもたらすのか。

千里眼を持っていなくても、予測できそうなものだ。

国内で感染を爆発させて、

重症患者を収容する病床は不足し、

死亡する日本人を量産するだけに飽き足らず、

外国から持ち込まれた多種多様なコロナ株をミックスさせて、

それを外国人選手や関係者と共に世界中に拡散させて、

全世界から責任追及され、補償を求められる。

そんな未来、あり得ない、と一笑に付すことができるのか?

開催まで100日を切った時点で、国内の感染すら抑え込めていないのに?

開催国にもかかわらず、国民にワクチンすら行き届いていないのに?

すでに、あらゆる決定を先送りしている時間はない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました