【お金が貯まらない人の行動】ペットボトル飲料を飲みきらない

こんにちは、かずしいです。

わたしはセミリタイアを目指しているくらいのなので、子どもの頃から無駄遣いはしない派だった。(ケチともいう)

しかし、同じように育てられたのに、わたしとは正反対の金銭感覚を持った人がいる。

3歳年下の弟である。

弟は、姉のわたしから見ても、社交的で優しさや思いやりのある良い奴で、人間的に敵わないのだが、ことお金に関しては、はっきり言ってだらしない。

ギャンブルや酒などで、大借金して身を持ち崩すタイプではないのだが、お金の使い方に無自覚で、気が付くとお金がなくなっているタイプだ。

そういうタイプの人って、日常生活でもその特性が出ていると思うのだが、わたしが姉として弟を見てきて気が付いたことが一つある。それは、

買ったペットボトル飲料を最後まで飲みきらない。残っているのに、新しいものを買って、古いものを捨てる。

ということだ。

弟は今は一人暮らしをしているが、以前いっしょに住んでいたときは、冷蔵庫にしょっちゅう弟の飲みかけのペットボトルが入っていた。

そのまま何日も放置しているので、本人に確認して捨てるのだが(直飲みしているので、わたしが飲むこともできず)、これってお金を捨てていることと同じだよな〜、といつも思っていた。

わたしなんかは、自分が稼いだ賃金で買ったものを無駄にして捨てると、お金を捨てたのと同じように感じてしまうので、買った飲み物は絶対に飲みきるようにするのだが、弟は全然気にしていないのだ。

確かに、ペットボトル飲料なんて、1本100〜200円くらいだし、飲み残しを捨てたって1回のことなら大した額ではない。

でも結局、普段からそれを習慣にしている人は、それ以外のものも無駄にしている公算が高い。

ものを大切にできない、使い切ることができないということは、それを買うために稼いだ金を、ひいては自分の時間や労力を無駄にしているのと同じことなのに・・・・・・。

結果的に、そうした無駄の積み重ねは、年を取る毎にボディーブローのように効いてくる。

そのせいなのかは定かではないが、弟はわたしなどより、よほど真面目に長時間労働しているのに、いつも金欠である。

たかだかペットボトルくらいで、大袈裟な・・・・・・、と思うかもしれない。

でも例えば結婚を考えている相手の金銭感覚を評価する上で、結構信憑性があるのではないか、と密かに思っている。

金銭感覚が大きくずれた人と結婚すると、ストレスは溜まるし、離婚の原因にもなるそうな。

パートナーの金銭感覚診断に、ペットボトル飲料を飲みきっているかチェック、良ければ試してみて欲しい(結婚の予定は全くない、中年女より)

コメント

タイトルとURLをコピーしました