【お詫びして訂正】セミリタイア後の生活費、月3万5千円では無理でした

こんにちは、かずしいです。

以前ブログで、

「私の生活費は、月3万5千円です」

という発言をかましていました。

しかし、その頃は、家計簿を付けていなかったので、支出を正確には把握していませんでした。

2021年2月にセミリタイアを開始してからも、相変わらずどんぶり勘定だったのですが、やはり一度は支出をしっかり把握したいと思い、2021年12月から家計簿をつけ始めました。

セミリタイアも2年目に突入、家計簿をつけ始めて半年以上経過し、税金を含めてだいたいの必要経費のデータが揃ったので、

【改正版】毎月の必要な生活費

を、算出してみることにしました。

結果は以下の通り。税金や保険料、車検料は、月割の金額にしてあります。

固定費:30,000円(家に入れるお金)

医療費:2, 500円(持病の治療と歯医者を合わせて)

国民健康保険料:1,400円(7割減免)

国民年金保険料:0円(全額免除)

住民税:0円(全額免除)

被服費、消耗品費:1,000円

交際費:1,500円(家族の誕生日や外食費など)

通信費:290円(今は楽天モバイルだが、日本SIMに乗り換える予定)

レンタルサーバー代:1,100円

自動車税:600円

自動車任意保険料:2,000円

車検費:3,000円(自賠責保険料を含む)

ガソリン代:1,500円

以上、合計44,890円

こちらが、セミリタイア後の実際に即した生活費となります。

変動が激しい趣味費(主に漫画や本)は、パート代から出しているので、今回は生活費には入れていません。

同じく、追加投資資金も、パート代の余剰からなので、省きました。

生活費のメインは、4%ルールで投資信託を取り崩したものを充てていますが、株安になると取り崩せる額を減るので、不安定です。

とりあえず現状では、月3万5千円は投信から賄えるという前提が成り立りたっており、それ以上の支出は、パート代で補填しています。

ですが、今後、投資信託の評価額が下落、低迷した場合は、取り崩し額も減りますから、その分パートを増やす必要があります。

フルタイムで働いていたときは、早くセミリタイアしたくて、貯める資金を少なくしたいがために

「月3万5千円あれば生活できる!」

と息巻いていました。

しかし私の場合は、娯楽費を入れると、月5万円が実態に即した金額のようです。

そうなると、4%ルールの場合、資産が1,500万円必要なので、後300万円追加投資が必要に・・・。

やっぱり今の様に、足りない分はパートで補っていくのが現実的です。

(300万円&税金分、働く根性がない)

しかし、夢は大きく、いつかセミではなく完全リタイアできるように、パート代の一部は少しでも追加投資に回していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました