「利尻昆布」で白髪染めだけはする父を見ていると、若々しい印象には、髪の色より、口元や体型・姿勢の方が重要なのでは? と思います。

こんにちは、かずしいです。

同居の60代の父は、そんなに身だしなみに気を使う方ではありません。

メタボで太鼓腹ですが、体重増加で膝が痛くなっても、ダイエットする気配はありません。

しかし、白髪だけは、「利尻昆布 ヘアカラートリートメント白髪染め」を使って、自宅で染めています↓

色はブラックを使っていますが、製品のせいなのか、それとも父の使用方法が悪いのか、ブラックというより、私から見ると緑色です。

その緑色の髪で、緑のポロシャツを着ていたら、職場で若い子に「緑のおじさん」と影で呼ばれていたそうです(笑)

「緑色に見えるし、外で染めてもらった方がいいんじゃない?」

と本人に言ってみましたが、

「オレは気にっているんだ」

とのことなので、後は放おっておいています。

私のお金で買ったわけでも、私が染めている訳でもないですし、本人が良ければそれで良いです。

そんな父が、最近、合わなくなっていた入れ歯を作り直しました。

歯科医の勧めで、保険診療で作れるものではなく、自己負担ですが、少しグレードの高いものにしたようです。

出来上がった入れ歯を入れた父を見て、びっくり!

口元が引き締まり、10歳くらい(ちょっと言い過ぎ?)若返りました。

以前の入れ歯では、食事のときに噛む度に、入れ歯が浮いてフガフガしていて、おじいちゃんぽかったです。また、食事中に歯の隙間に物が挟まるのを指で取っていたので、見ていて良い気分ではなかったのですが、合う入れ歯に替えたら、それもなくなりました。

それに、滑舌も良くなって、会話が聞き取り易くなりました。

父の変化を見ると、若々しく見られたい人は、白髪を染める以上に、歯のケアや入れ歯の調節など、オーラルケアに力を入れた方が、効果がある気がします。

口腔内の状態が良ければ、全身の健康にも良いですし。

後は、体型と姿勢ですかね。

たとえ白髪をきれいに染めていても(父の場合は緑に染まっていますが・笑)、父のようにメタボ腹で、膝が痛くてヒョコヒョコ歩いていては、効果は半減です。

夏頃に、私が横断歩道で信号待ちしていると、向こう側で待っている女性に、パッと目が引かれました。

ほとんどシルバーに近い白髪を、無造作にポニーテールにしていたのですが、体の線が引き締まっていて、背筋がまっすぐ伸び、着ているノースリーブのロングワンピースが良く似合っています。

信号が青になり、颯爽と歩いてきたその女性とすれ違ったのですが、身のこなしといういうか、全身の印象が若々しくて、かっこよかったです。

もちろん、白髪を染めるも染めないも、個人の自由です。

自分が納得していれば、他人にとやかく言われる筋合いはありません。

しかし、口元や体型・姿勢に気をつけた方が、若々しい印象のためにも、何より健康のためにも、有意義だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました