「働かないなんて、病気になったらどうするの?」という問に対しての、私が逆に問いたいこと。

こんにちは、かずしいです。

私が(ほぼ)無職と知ると、

「働いてないなんて、病気になったらどうするの?」

という問いかけをする人がいる。

たぶん、医療費とか医療保険とかの心配、要はお金の心配をしているのだろう。

私としては、

「え?? 何言ってるの?」

という感じだ。

こちらとしては、

「そんなに働いて、病気になったらどうするの?」

と思う。

公的保険が整備されていない米国は、失業するとまず健康保険の心配をするそうだが、日本は国民皆保険なので、無職だろうと、無保険となることはない。

無職でも、保険料が0円になることはないが、月数千円の保険料負担で医療保険に入ることができる。

医療費の負担は現役世代なら3割だし、高額医療費制度もある。

入院や事故に備えて、数十万程度の現金を用意しておけば、ほとんどの疾患には対応できる。

それ以外のレアケース、例えば難病に突然罹って、莫大な医療費が必要、などというケースは、たとえ働いていたって、自分の収入や資産だけで対応できるわけないので、考えるだけ無意味だ。

逆に私は、週5日8時間プラス残業している、大多数の普通の労働者の方が、無職の私より病気なる確率が高いと思う。

私が病棟で看護師として働いていたときも、猛烈に働いてきて、定年直後に末期がんが発見される、といった患者さんを何人も見てきた。

そういう人は、たいてい大企業の正社員で長年働いてきた人たちだった。そのため経済的には余裕があるようだったが、それでも65歳前後で入院し、間もなく寝たきりになる姿を見ると、考えさせれた。

長期間激務をしてきたことが、疾患の直接的な原因になったのかは、わからない。

しかし、そういった人たちの中には、たいてい大事になるまで、病院を受診していなかったり、健康診断で異常が発見されても、忙しさにかまけて長年放置してきた例が散見していた。

それも当然のこと。

1日8時間、週5日(大抵はそれ以上)、1日の半分以上労働者として拘束されていたら、自分の身体を顧みる時間などほぼない。

一方、無職の私は、24時間自分のために時間を使える。

体調が悪かったらいつでも休息できるし、病院を受診する時間もある。

クリニックで働いていたときも、仕事が休めないからという理由で、途中で通院してこなくなる患者さんを数多く見てきた。

私でさえ、正社員をしているときはそうだった。

でも、よく考えたら、自分の健康より仕事を優先するって、異常。

戦時下の軍の最高司令官ならともかく、私ごときがする仕事など、いくらでも替えがきく。

現に、私が適応障害になって辞めた病院は、今でも全く問題なく開業している。

一方で、自分にとって自分の体と健康は、替えなど効かない、まさに唯一無二。

労働で体や健康を犠牲にし、病気を引き寄せているのに、無職の健康の心配など本末転倒。

心身をケアする暇も、病院を受診する時間をない、“普通に”働く人へ。

無職の私から、もう一度問いたい。

「そんなに働いて、病気になったらどうするの?」

コメント

タイトルとURLをコピーしました