「俺は我慢してきたんだから、お前も我慢しろ」は、撲滅すべし。

こんにちは、かずしいです。

世の中、一定数、

俺は我慢(苦労)してやってきたんだ、だから、お前も同じ我慢(苦労)をしろ、なっ?

というスローガンで生きている人々がいる。

全くもって、理解不能だ。

百歩譲って、

こんな苦労や我慢をしてきて、苦しかった。自分はかわいそうだった。

なら、共感する余地がある。

だが、自分が苦しかったこと、悲しかったことを、他人に強要してどうすんの?

どんなに健康や才能に恵まれた人も、大金持ちも、権力者も、

どうせ100年以内に死んでいく。

老衰だろうが、事故死だろうが、病死だろうが、人間は致死率100%

そういう意味では、全員もれなくフシアワセになることが確定している。

それなのに、わざわざ他人(及び自分)を苦しませてどうすんの??

わたしはそう思っている。

なので、過去、自分の経験で理不尽だと思っていたことが改善されると、

(例えば、学校の制服で希望者はスカートではなくスラックスを選べるようになった、など)

自分のことのように嬉しくなる。

しかし、そうではない人もやはり存在するようだ。

こんなことを思ったのも、知人のAさんのお話を聞いたからだ。

Aさんは、50代女性、夫と二人暮らし。

田舎あるあるだが、夫と住む住宅と同じ敷地内に別棟があり、そこに義母が一人暮らししている。

そのお義母さん、Aさんのサポートを受けて、一人で生活してるものの、

80歳を過ぎて、少し認知症の気配が出てきた。

そこで、夫の姉(市内に夫婦二人で暮らしている。時々実家の母を訪ねてくる)に、

今後のことを考えて、そろそろ介護保険の申請をしようと思っている、という話をしたらしい。

それを聞いた直後、お義姉さん、Aさんに口角泡を飛ばさんばかり言った。

「あなた、お母さんの下の世話をするのが嫌なんでしょう!

 私はお姑さんのおむつを替えたのに!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・え?

ちょっと何言ってるかわからない

まず、他人の排泄の処理なんて、誰だって嫌に決まっている。

喜んでする奴、いるの?(そういう嗜好があるなら別として)

する方もされる方も嫌だが、必要なことだからやるだけだ。

かつ、自分がやったことだから、他人もそれをしないと気に入らない、という価値観がヤバイ。

Aさんはいわゆる「長男の嫁」なので、「長男の嫁」は義母の介護を、

喜んで全部ひとりでやって当然、と思っていることが、セリフから読み取れる。

・・・・・・・・怖っ

もう令和やぞ?

実際は、嫁がひとりで抱え込むより、介護保険を利用し、外部の力を使った方が、

お義母さんも質・量ともに良い介護を受けられるのだが。

お義姉さん側からみれば、お義姉さんもオンナというだけで、

義母の介護を押し付けられたんだろうな、ということがわかる。

本当はやりたくなかったけど、ジェンダー・ロールを押し付けられ、NOと言えなかった。

そんな恨みや悲しみが、Aさんから介護保険の話をされたときに、表出してしまったのかもしれない。

そうは言っても、お義姉さん、あなたはやっぱり間違ってると思います。

自分に押し付けられた理不尽を、別の人間に押し付けてはだめです。

そんなことをしても、あなたの苦しみや悲しみを癒えないし、別の理不尽の生むだけです。

ちなみに、Aさんが夫にこの話をしたら、

「俺はお袋の下の世話とか、絶対無理だから!」

と言い切られたそうだ。

無理なことを無理って言える立場って、スバラシイナー

お義姉さんがこれを聞いたら、どんなふうに答えただろう。

Aさんに言ったことと同じことを、弟にも言っただろうか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました