「ストレートパーマ」という、謎の用語

こんにちは、かずしいです。

髪型に全く思い入れのないわたしだが、昔から不思議に思っている用語がある。

それは、「ストレートパーマ」だ。

「パーマ」は「パーマネントウェーブ」の略語。

パーマネントウエーブ(permanent wave)とは、毛髪に化学反応を用いて人工的な縮毛を形成する美容技術、もしくはそれによって得られる髪型のことである。略してパーマ(perm)と呼ばれることが多い。

ヘアーアイロンやヘアドライヤーで作る一時的なウェーブに対し、水に濡らしても「永久的(permanent)に形の崩れないウェーブ」という意味から生まれた。

引用:ウィキペディア

「パーマ」=「ウェーブ」

それを「ウィーブ」の逆の意味の「ストレート」と結びつけることに、違和感がある。

いや、「パーマネント」の部分のみ意味として使用しているから、それでいいのか??

それはさておき、わたしは、

くせ毛よりストレートヘアが美しい!という価値観も、昔から理解に苦しむ。

遺伝的には、くせ毛の方が顕性遺伝だし、日本人でもくせ毛の人の多数派だ。

そのせいで、希少価値のある直毛に憧れがあって、「ストレートパーマ」という商売が成立しているのかもしれない。

わたし自身は髪質は直毛だが、優越感は全くない。

むしろ、直毛って、動きがなくてつまらないと思っている。

高校のときに、同級生に、ふわふわなくせ毛の女の子がいた。

その子の雰囲気と髪質が合っていて、すごく素敵だな、と思っていた。

しかしある日、ストレートパーマをあててきて、その個性が消えてしまった。

むしろ、もともとくせ毛だったものを無理やりストレートにしたので、髪も傷んでいた。

もったいないことするなあ、と思った。

もちろん、髪型は本人の自由だし、その子自身が満足しているなら他人がとやかく言う必要などない。

わたしも、自分の意見を口に出して伝えたりはしなかった。

でも、やっぱり元のくせ毛の方が、似合っていたし、素敵だったと思う。

自分にないものを求めるのは人間の常。

隣の芝生はいつも青く感じるものだ。

自分にないものを得ようとして、お金や労力を使ったりすることを否定する訳ではない。

しかし、自分が持っているものを、もっと磨いていく、突き詰めていく方が、よりその人らしい魅力に繋がるのではないだろうか、と思う。

コメント

タイトルとURLをコピーしました